教育の最近のブログ記事

スマホ

| トラックバック(0)
そこ(スマホでもガラケーでも大差なし)へ意識を集中させるなら立ち止まって、 
いる場所が外なら他の方の邪魔にならない様に隅へ行ってご覧になればよろしい。 



この手のマナー問題の話題になると決まって、 

「自分は気にならない」 
「個人の自由への侵害」 

と言われる方がおられるが。 


そもそも、公共の場とは 

「真逆の考え方・価値観を持つ人とも共有しているスペース」 

なんですよ。 
色々な価値観がありますから、気にならない方もいるでしょう。 

でも気になる方だって当然いるんです、それも決して少なくない数が、です。 


で...公共の場では個人の主張より断然、公共のマナーが優先されます。 

分かりやすい言葉で置き換えるなら、 

『弱者の意見に耳を傾ける・心を砕く』 

コレを念頭に置いて考えてみるといいかもしれません。 

ここで言うところの『弱者』とは、 
高齢な方であったり、子供であったり、妊婦や子連れの方、男性から見れば女性など 
色々な見方ができますね。 

誰かが不快になる(又はそう予測させる)ならば、我を通さず己の主張は引っ込める。 
僅かでも他者に迷惑(ぶつかったり、衝突しかけ驚かせたり等様々)をかける可能性ある行動は慎む。 

可能性を考慮し自身の行動をコントロールしろ、と言ってるわけなんですがご理解頂けます? 
これが一般常識かと私は考えます。 


勿論、強制などしませんししてもいません。 


ただ皆で気持ちよく使おうよ、と共有しているはずの場所で。 

「俺・私はこう思うんだ、だからそれでいいんだ。そっちが間違ってるんだ!」 

と我を張る意味が私にはどうも......さっぱり理解できません。 
それって本当に、皆で気持ちよく公共の場を共有していると言えるんでしょうか。
エターナルラビリンスでもスマホはやめてほしいですよね。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち教育カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは仕事です。

次のカテゴリは日記です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31